弁護士コラム|相続の法律相談は愛知総合法律事務所の弁護士にご相談下さい!|名古屋藤が丘事務所

ご相談窓口

052-778-9997

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

052-778-9997

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

弁護士コラム
Column

連休と交通事故

2021年05月06日
名古屋新瑞橋事務所  弁護士 佐藤 康平

昨年と本年は新型コロナウイルスの感染拡大により交通事故数は減少をしているようですが、通常、GWや年末年始のような連休は、交通事故数が増加すると言われております。

​​ 交通事故事件において多く争いになるのが、過失割合です。
​ 実務上、多くの交通事故の過失割合は、東京地裁民事交通訴訟研究会というところが発行している、別冊判例タイムズという著書を参考に決定されております。
​ そこでは、例えば、進路変更による事故については、進路変更車と直進車の基本過失割合として、70:30とされております。

​​ しかしながら、個別具体的な事案によっては、そのような基本過失割合を修正すべきケースや、(なお、同書には、修正すべきケースについても、列挙されております。)、場合によっては、基準そのものの適用をすべきではないケースもあります。

​​ そのような場合は、交通事故の発生における「過失」とは何かというところにさかのぼって、個別具体的に検証をすることが必要となります。

​​ 交通事故でお悩みの方、ぜひ、愛知総合法律事務所にご相談を頂ければと思います。

​​ --
​ ​​​愛知総合法律事務所名古屋新瑞橋事務所​​は,地下鉄名城線・桜通線新瑞橋駅から徒歩1分の場所に位置しております。 ​​初​回法律相談は無料で実施しております。 ​​​ ​ ​瑞穂区・南区・緑区・天白区・熱田区をはじめとする近隣地域の皆様からのお問い合わせをお待ちしております。 ​​名古屋新瑞橋事務所のサイトはこちら
​ --

弁護士法人愛知総合法律事務所浜松事務所 所長就任のご挨拶

2021年05月06日
浜松事務所  弁護士 松山 光樹

弁護士法人愛知総合法律事務所浜松事務所 弁護士の松山光樹と申します。
本年5​月より、前任の牧村拓樹弁護士から所長職を引き継ぎ、浜松事務所長を務める運びとなりました。 ​​ 弁護士登録以降、名古屋丸の内本部事務所、浜松事務所にて執務し、離婚・交通事故・刑事事件等、さまざまな分野の事件のご相談・ご依頼をいただいてまいり​ました。
 また、浜松事務所は、令和元年9月の開所以降、おかげさまで、浜松市、磐田市、掛川市、袋井市、湖西市をはじめとする静岡県遠州地区近隣にお住まいの皆様よりご相談・ご依頼をいただいてまいりました。 ​​

 ​浜松事務所で執務をしている中で、弁護士に相談・依頼をすることにハードルを感じている方はまだまだ多いと感じることがあります。また、法的な問題が生じていて、よりよい解決策があるかもしれないのに、それに気づかないままとなっていることも多いのかもしれない、と感じています。

​​​​ 弁護士法人愛知総合法律事務所では、初回法律相談は無料とさせていただいております。「これって弁護士に相談するようなことなのだろうか。」と思っていることでも、ぜひ一度お気軽にご相談いただければと思います。
​ご相談の流れにつきましては、こちらをご参照ください。 ​​

​​今後も、地域の皆様の法的トラブルを解決するべく、より一層精進してまいります。今後とも、何卒よろしくお願いいたします。

​​ ​​--------------------------------------------------------------------------------------------- ​
​離婚、交通事故、相続、刑事事件、労働問題、借金問題、様々な損害賠償請求等の悩みを抱えている、浜松市、磐田市、掛川市、袋井市、湖西市をはじめとする静岡県遠州地区近隣にお住まいの皆様、地域の身近な法律事務所として、愛知総合法律事務所浜松事務所にどうぞお気軽にご相談ください。

静岡事務所の開所の挨拶

2021年05月06日
静岡事務所  弁護士 牧村 拓樹

静岡県の皆様、弁護士法人愛知総合法律事務所静岡事務所の所長に就任しました、弁護士の牧村拓樹です。

弁護士法人愛知総合法律事務所 静岡事務所は、令和3年5月6日に、静岡県静岡市葵区に支所を開設いたしました。

 弁護士法人 愛知総合法律事務所は、名古屋を中心として支店を各所に構えており、愛知県外には、岐阜県、三重県と東京に支所があります。弁護士法人 愛知総合法律事務所は、これまで弁護士へのアクセス障害をなくそうと、支所展開をして拡大をしてきました。この度、静岡県静岡市葵区にも支所を開設させていただくことになりましたが、弁護士法人 愛知総合法律事務所が、静岡県に出店するのは浜松に次いで2つ目となります。 私は、弁護士法人 愛知総合法律事務所の浜松事務所での所長を経て、今回、静岡市に来ることになりました。同じ静岡県でも、浜松市と静岡市は大分違うと聞いているので、静岡市においても馴染めるようにしていきたいです。

  浜松では、離婚問題(浮気・不倫・慰謝料・財産分与・養育費・親権)、相続問題(遺産分割・遺留分の請求・相続放棄・遺産問題)、交通事故、借金問題、刑事事件、労働問題(残業代請求・解雇・労災)など、一般民事事件を中心に多くのご相談とご依頼を受けました。

 弁護士法人愛知総合法律事務所は、初回無料で法律相談を行っており、弁護士に気軽にご相談いただけるようにしております。まだまだ、弁護士に相談をしたくても、相談できないでいる方は多いと思うので、そのような方々が、誰でも気軽に弁護士に法律相談ができると思えるような事務所づくりを心掛けていきたいと思います。
 ​静岡市という地域に密着して、良いリーガルサービスを提供していきたいと思っておりますので、弁護士法人愛知総合法律事務所 静岡事務所のことをどうかよろしくお願いいたします。

 何かお悩みごとのある方がございましたら、弁護士法人愛知総合法律事務所 静岡事務所まで気軽にご相談いただければと思います。今後とも、よろしくお願いいたします。

『誠実な破産者』??

2021年04月30日
名古屋丸の内本部事務所  弁護士 丸山 浩平

 『誠実な破産者』という言葉を聞けば,破産をネガティブに考えられている方にとっては「破産する人なのに誠実ってどういうこと?」と不思議に思われるかもしれません。
 ​ 確かに「Mr.Children」や「きれいは汚い」のような相反する言葉の組み合わせにも見えるかもしれません。
 ​ この『誠実な破産者』とは,最高裁(最高裁昭和36年12月13日決定)でも用いられているフレーズであり,私が急に思いついた言葉ではありません。

 ​​ 上記裁判例は,破産手続の免責制度(債務の支払義務を免れること)が憲法29条に定める財産権の保障に反するかという点が争われた事案です。その中で,最高裁は,免責制度が合憲である理由の1つとして,免責制度が『誠実な破産者』に対する特典であることを挙げたのです。
 ​ 最高裁のいう『誠実な破産者』の意味については,債権者に対する誠実性と考える見解もありますが,一般には「破産手続に協力すること」と解されています。

 ​​ つまり,破産手続において,破産者は,誠実に破産手続に協力する必要があり,自己の財産を隠匿したり,債権者を偽ったりすることは許されません。これに違反した場合には『誠実な破産者』ではないとされ(裁判例では『不誠実な破産者』と呼ぶことがあります),免責が認められないことがあります。
 ​ そのため,弁護士は,ご依頼者の通帳や家計の状況を細かくチェックしたり,債務増加の経緯を丹念に聴き取ったりします。ご依頼者にとっては,面倒な聴き取りもしれませんが,これらはご依頼者が言いそびれてしまった事情が後から発覚し『誠実な破産者』ではないと裁判所から思われないために行っているものなのです。
 ​ 破産手続では,破産者がいかに『誠実』であるかを裁判所に示すのも弁護士の仕事になります。

 ​​ ご依頼者が『誠実』であることを弁護士も知るためには,やはり何度も面談を重ねることが重要だと思います。
 ​ 弊所は,愛知県名古屋市の本部のほかに春日井市,小牧市,津島市,日進市,岡崎市,三重県津市,伊勢市,岐阜県大垣市,静岡県浜松市,静岡市,東京都自由ヶ丘に支所がありますので,お近くにお住まいの方で破産をご検討されている方は,一度ご相談いただければと思います。

相続における不動産の扱い

2021年04月27日
小牧事務所  弁護士 遠藤 悠介

 相続が発生した場合,相続財産に不動産が含まれているケースが多いかと思います。
 ​ このとき,不動産の価値をいくらと定めるかが問題になる場合があります。 不動産を売却するのであれば,いくらになるのか明確になるのでそれほど問題にはなりませんが,例えば配偶者が居住を続ける場合などには,不動産をいくらと評価してその余の財産を分割するべきか決める必要があります。
 ​不動産には,固定資産評価証明書というものがあります。これは,不動産の固定資産税を算定するために,不動産の評価額を記載した書面で,市役所などで発行してもらえます。この評価額をもとに遺産分割をすることも可能ですが,実際の価格とずれが生じている場合があり,土地ですと実際の価格より低くなるケースが多くみられます。
 ​ そのため,より正確に価格を反映させるために,不動産会社などに査定を取ってもらう場合もあります。しかし,実際に売却するわけではないので,ある程度恣意的な算定を行うことが可能であるため,対立している当事者がいる場合には,双方が提出した査定資料の金額が大きく異なっている場合もあります。
 ​ いずれの場合でも,遺産分割について争いが大きくなっている時には,収拾がつかなくなり,裁判所の関与や弁護士への依頼を検討したほうが良いケースもございます。
 ​ 当事務所では無料相談を行っておりますので,お気軽にご連絡いただけると幸いです。