ご相談窓口

052-778-9997

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

052-778-9997

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

弁護士コラム
Column

婚姻費用の緊急的な支払いを求める

2021年03月06日
岡崎事務所  弁護士 安井 孝侑記

第2回
第3回

​​​​婚姻関係にある夫婦が別居した場合に,まず最初に考えるべきものが,婚姻費用の分担です。

婚姻費用の説明については,こちら

基本的に,調停に婚姻費用分担請求調停を申し立てることになります。

ここで,当該調停を申し立てたときには,地域によっても異なりますが,基本的に調停を申し立てて,初回の調停期日が設定されるのは,早くても1ヶ月は後になります。

裁判所の事件が多いと,2ヶ月後というときもあります。

しかし,なかには急遽別居になって,通帳等をすべて置いていってしまい,一切財産がない状態の方もいらっしゃると思います。

この場合,弁護士としては,銀行の通帳・カードの再発行,両親等へ緊急の援助をお願いしてもらったりして,なんとか数ヶ月の生活を維持してもらいます。

ただ,これも限界があり,どうしても生活に困窮する方もいらっしゃると思います。

この場合には,

婚姻費用分担金の仮払金の請求

婚姻費用分担金の仮払いを求める保全処分

が手続が考えられます。

具体的な手続としては,次回以降紹介します。​​

ーー

愛知総合法律事務所岡崎事務所は,東岡崎駅南口徒歩1分の場所に位置しております。

初回法律相談は無料で実施しております。 

婚姻費用を含む離婚の問題でお悩みの方は一度弁護士にご相談されることをおすすめいたします。

岡崎市,幸田町,西尾市,安城市,碧南市,刈谷市,知立市,高浜市,豊田市を含む西三河地方の皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

岡崎事務所のサイトはちら