ご相談窓口

052-778-9997

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

052-778-9997

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

弁護士コラム
Column

婚姻費用の緊急的な支払いを求める③

2021年03月08日
岡崎事務所  弁護士 安井 孝侑記

第1回

第2回

3回シリーズのラストです。

別居した直後,経済的に非常に切迫している場合に採るべき最終手段は

婚姻費用分担金の仮払いを求める保全処分 となります。

これは,本案事件とする婚姻費用分担申立事件が係属している状態で行い,相手方の財産を仮差押えするものです。

このように,実効性はかなり高いものですが,相手方に与える影響も大きいので,その要件は調停前の処分に比べて,厳しくなっています。

具体的には

①本案認容の蓋然性

②保全処分の必要性

が必要となります。

①本案認容の蓋然性

…本件でいうと,相手方に婚姻費用の分担を求めることができるか,ということになります。

 本来の調停なら,期日を何回も重ねて,都度書類提出する流れでもいいですが,この手続は緊急性があるので,資料等を早急かつ的確に準備する必要があります。

②保全処分の必要性

…かみくだくと,「相手方が婚姻費用を支払ってくれない」だけでは,この必要性は認められない可能性があります。

 相手方が財産を処分・隠匿・費消のおそれがある場合といった急迫の危険を防止するための必要性があることが認められることが求められます。

対象となる範囲

請求債権とできる範囲は

・過去の婚姻費用分担金

・将来分の請求

が含まれるとされています。

将来分とは,平均的審理期間をもとに計算するとされています。

以上のとおり,この婚姻費用分担金の仮払いを求める保全処分は,一般的に高度かつ緊急性な法的な手続であるので,仮にこの問題で悩んでいる方は,できる限り早く弁護士にご相談されることをおすすめします。

ーー

愛知総合法律事務所岡崎事務所は,東岡崎駅南口徒歩1分の場所に位置しております。

初回法律相談は無料で実施しております。 

養育費を含む離婚の問題でお悩みの方は一度弁護士にご相談されることをおすすめいたします。

岡崎市,幸田町,西尾市,安城市,碧南市,刈谷市,知立市,高浜市,豊田市を含む西三河地方の皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

岡崎事務所のサイトはこちら