弁護士コラム|遺言の書き直し|名古屋藤が丘事務所

ご相談窓口

052-778-9997

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

052-778-9997

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

弁護士コラム Column

遺言の書き直し

2021年10月01日
名古屋新瑞橋事務所  弁護士 佐藤 康平


​一度遺言を書いたら、二度と撤回はできないのでしょうか。


​​ 民法では、 「遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、その遺言の全部又は一部を撤回することができる。」(民法1022条)
​ と規定され、いつでも、全部または一部の撤回ができるとされています。


​​​ 撤回の方法としては、
​ 1 端的に、撤回をする旨の遺言を作成する方法
​ 2 前の遺言と抵触する旨の遺言を作成する方法
​ があります。
​​ また、生前に、遺言に記載された内容と抵触する行動をとることにより、撤回とみなされることもあります。
​ 具体的には、例えば、ある不動産をAに渡すという遺言をした後に、同不動産をBに生前贈与したような場合、Aに渡すという遺言は撤回されたものとみなされます。


​​​ これらは、遺言は、遺言者の最新の意思を尊重するためのものであると考えられます。


​​​ なお、細かいことですが、注意したい点として、
​ 1回目の遺言を2回目の遺言で撤回した後に、3回目の遺言で、2回目の撤回行為を撤回するとしても、例外はありますが原則として、1回目の遺言は復活しません(分かりにくいですね。非復活主義といいます。)。


​​​ 上記のとおり、遺言は、いつでも書き直すことができます。
​ 遺言の作成をお考えの方は、ぜひ、愛知総合法律事務所にご相談を頂ければと思います。



​​​​ --
​ 愛知総合法律事務所名古屋新瑞橋事務所は,地下鉄名城線・桜通線新瑞橋駅から徒歩1分の場所に位置しております。初回法律相談は無料で実施しております。
​瑞穂区・南区・緑区・天白区・熱田区をはじめとする近隣地域の皆様からのお問い合わせをお待ちしております。名古屋新瑞橋事務所のサイトはこちら
​ --