ご相談窓口

052-778-9997

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

052-778-9997

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
ご相談はこちらご相談はこちら

刑事事件

着手金・報酬金は事案の内容・難易度などに応じて協議の上決定いたします。

着手金・報酬については、受任の段階で明確に提示いたします。

法律相談料

初回 無料
2回目以降 30分5,000円(税込5,500円)

通常事件

着手金 20万円~50万円(税込22万円~55万円)
報酬金 ①不起訴の場合 20万円~50万円(税込22万円~55万円)の範囲内の額
②求略式命令 ①の額を超えない額
③刑の執行猶予 30万円~50万円(税込33万円~55万円)の範囲内の額
④求刑された刑が軽減された場合 ③を超えない額

 ※その他(保釈・勾留執行停止・抗告・特別抗告・勾留理由開示)の申立については別途費用をいただきます。
※弁護を受任した場合に別途接見に関して費用をいただく場合がございます。弁護士にご相談ください。
※実費については交通費、郵便切手代等、事案によって異なります。あらかじめ実費に充当するために1~3万円ほどお預かり致します。

重大事件

着手金 50万円~(税込55万円~)
報酬金 ①不起訴の場合 30万円~(税込33万円~)
②求略式命令 30万円~(税込33万円~)
③無罪 50万円~(税込55万円~)
④刑の執行猶予 30万円~(税込33万円~)
⑤求刑された刑が軽減された場合軽減程度による相当額
⑥検察官上訴が棄却された場合 30万円~(税込33万円~)         

 ※その他(保釈・勾留執行停止・抗告・特別抗告・勾留理由開示)の申立については別途費用をいただきます。
※弁護を受任した場合に別途接見に関して費用をいただく場合がございます。弁護士にご相談ください。
※実費については交通費、郵便切手代等、事案によって異なります。あらかじめ実費に充当するために1~3万円ほどお預かり致します。

刑事事件ページTOPへ